乾燥肌の対策には食べ物を選択すること

31, Oct 2016 by user29228 in 美容     No Comments

健康的な肌を保つには一定の水分が必要ですが、乾燥肌になるとその水分が不足状態に陥ります。乾燥肌は、紫外線の影響を受けたり、ほこりやカビがアレルゲンとなって、皮膚にかゆみが出たり、赤く炎症を起こしたりすることがあります。肌に合うスキンケア化粧品で保湿力を高めることも重要ですが、乾燥肌を改善する効果がある食べ物を摂取するのもおすすめです。1日3回の食事の中で、保湿力を高める成分がある食べ物を体内に取り入れることで、乾燥肌の対策効果が期待できるというわけです。ニンジン、ピーマン、カボチャ等の緑黄色野菜には、ビタミンAが豊富に含まれており、皮膚の粘膜を強化して、保湿力を維持するという役割があります。豚肉や、玄米からは、ビタミンBを多く取り入れることが可能です。このビタミンBは、肌のターンオーバーを活発にしてくれます。皮膚の保湿力をアップさせるには、体内でのコラーゲンの生成効率を高めることが大事です。コラーゲンの生成に役立つ栄養素は、レモンやオレンジに多いビタミンCです。高い抗酸化作用があり、血液の流れをスムーズにしてくれるという栄養成分が、ビタミンEです。この他、ビタミンEが特に豊富な食材としては、アーモンドやゴマなようなナッツ類や、アボカドなどがありますので、食事取り入れてみてください。手に入りやすい食材で、乾燥肌対策の献立をつくることが可能ですので、肌の保湿力をあげたい人は、今すぐにでも取り組むことができます。水溶性ビタミンであるビタミンB、Cは、大量に摂取しても、体内で使い切れなかった分は尿や汗になって排出されてしまいます。加齢による身体の変化が大きくなりすぎないようにするためには、体が必要としている栄養成分を過不足なく摂取し、健康にいい食べ物を適量摂取するよう心がけることです。

口コミで選ばれてきた透輝の滴